J2のFC岐阜は第3節の11日、アウェーのフクダ電子アリーナ(千葉市)で15位タイの千葉と戦う。連敗スタートの21位岐阜は、ここで勝ち点3を取って上位をうかがう位置に付けたい。

 消化したのはわずか2試合だが、試合内容は改善している。FW古橋は0-1で敗れた前節の悔しさをにじませつつ、「何回か裏に抜け出せた」と手応えも話す。攻撃的な選手らしく、チームのシュート本数を増やすことが勝利への鍵だと見る。

 今週のイレブンは、短時間の試合形式の練習を多めに取り入れながら調整を進めた。大木監督は「スタメンは大体決まっているが、調子が良い選手を使いたい」と口にする。

 対する千葉は、エスナイデル監督が前節で執拗(しつよう)な抗議を繰り返したことで試合中に退席。今節はベンチ入り停止の処分が科された。FWラリベイらが怖い存在だが、岐阜は相手指揮官の不在を追い風にしたいところ。主将のMF小野は「打ち合いになるかも。決められる所で確実に決めないと」と、大味な試合展開を予想する。

大木監督(手前中央)の指示を聞き、練習を始める選手たち=岐阜市北西部運動公園

関連記事

最新ニュースはこちら

速いプレスで勝負 FC岐阜、あすホーム甲府戦

FC岐阜3発快勝 田中がハットトリック

FC岐阜、栃木とドロー 古橋が同点ゴール

主力入れ替えあるか あすホーム栃木戦

FC岐阜、迫力不足 京都に1-2