メディアばこ
地域の住民も集える場所に 笑顔つなぐ福祉のわ
平成から令和へ 進化続ける介護の現場

医療法人社団友愛会 You&Iの森いわのだ(岐阜市)


 これまでの福祉施設は、面会の家族以外はなかなか足を運びづらいところでした。しかし2018(平成30)年2月にオープンした複合型施設「You&I(ゆうあい)の森 いわのだ」は、そのイメージを一新する場となっています。

 友愛会は岩砂病院・岩砂マタニティを運営しており、赤ちゃんから高齢者まで幅広い年齢層と接点があることから、「地産・地育・共創・友愛」を法人のビジョンに掲げ、友愛会と地域のつながりだけでなく、住民同士のつながりを深めていくための取り組みを進めています。その一つとして複合型施設を開設。小規模多機能型居宅介護「とまり木」と住宅型有料老人ホーム「にこの木」などのほか、公民館のように誰もが気軽に集える場所として地域交流スペース「ふらっと広場」を設けました。

 ふらっと広場は地域住民に開放しており、さまざまな団体による会合やイベントが開かれています。わらべうた教室を開催する講師の前平美由紀さんは「お母さんたちだけでなく高齢者も一緒に歌を口ずさんだり、笑顔で赤ちゃんをさすったりするなど、いつも温かい空気が流れていてとても素敵な場所です」と話します。またイベントの時だけでなく、学校帰りの子どもたちが立ち寄って宿題をしたり、施設の高齢者と接する姿は日常茶飯事です。職員も口をそろえて「子どもが来てくれると利用者の表情が笑顔になります」と目を細めています。

 友愛会は「世代を問わず誰もが安心できる居場所、また失われつつある人と人とのつながりを再構築する場所になるよう、住民の皆さんと共に活動していきたいです」としています。