メディアばこ
心込め、ぬくもり伝える 笑顔つなぐ福祉のわ
やりがい聞いてみました

介護職員になって1年 近藤真愛さん(心音ケアセンター各務原・各務原市)

-介護職員になったきっかけは。

もともとは子どもと関わる仕事に興味があったため、岐阜各務野高校福祉科に入学しました。福祉科には国家資格である介護福祉士を目指すケアワーカーフィールドと保育技術を学ぶ子ども福祉フィールドがあるのですが、1年生の時はまだ分かれておらず、それぞれの基礎を学びました。そのため、介護施設へ実習にも行きました。

実習の際、介護は肌と肌でぬくもりを伝え合い「生きるための活動」を支える仕事だと知りました。同じ時期、曽祖母が介護施設に入ったこともあり、私も力になりたいとの気持ちから、ケアワーカーフィールドに進んで介護福祉士の資格を取得し、昨年春に就職しました。

-心音ケアセンター各務原に決めた理由は。

高校でパンフレットを見て、運命的なものを感じたのがきっかけです。見学の際、玄関先で職員の方が顔を見てニコッとあいさつをしてくださり、顔を見てあいさつできる余裕を持って働いている姿に憧れを抱きました。新しくて清潔だったのも決め手になりました。

-やりがいは。

利用者から直接、感謝の言葉をいただけるとうれしいですね。利用者から、戦争や震災などで苦労した時の話を聞くこともあります。長い人生でさまざまな経験を乗り越えたからこそのおおらかさに触れられることにもやりがいを感じます。

もちろん、全ての方がそうというわけではありませんし、認知症の症状で不穏な気持ちになっている方もいます。それでも寄り添ってお話を聞いたりケアさせていただく中で、その方の根底にある優しさに触れることができます。これらは他の仕事ではできない経験であり、私にとって良い成長剤になっています。

-つらいことは。

有料老人ホームの担当をしているので、早番、遅番、夜勤の勤務形態があり、生活のリズムがうまく作れないことがあります。それでも職場に来れば、利用者と同僚が温かく迎えてくれるので、毎日笑顔で過ごせています。

-今後の目標は。

プライベートや仕事でうまくいかないことがあった日などは、言葉遣いや表情に不機嫌な雰囲気が出てしまっているのではと心配になる時があります。とは言え、感情を殺し過ぎても冷たい印象を与えてしまうので、感情的になりすぎない人間味あふれる介護職員になりたいですね。

介護の現場では、すでにロボットやAIを活用しているところもありますし、今後もあらゆる業務の機械化、自動化が進んでいくと思います。それでも「人間臭さ」までは再現できないでしょう。せっかく介護職員として働いているので、声を掛けて肌のぬくもりを伝える「人間臭い」介護をしていきたいですね。

それは看取りの段階の利用者であってももちろん変わらないことで、動いたりすることが難しくなっても、耳は最期まで聞こえていると言われています。最期の最期まで、しっかりと声掛けをして支えていきたいです。

-仕事以外の時間は何をしていますか。

休みの日は、友達と遊びに行くことが多いです。高校時代の友人は、プレッシャーに押しつぶされそうになりながらも母校の介護福祉士全員合格の歴史を一緒につないだ大切な仲間です。働いている子、進学した子といて、毎日会えていたあの頃と違ってなかなか予定を合わせられませんが、会える日は1分1秒を大切に、という気持ちでいます。

同じ施設に一緒に入職した瀬見井加奈さんは、小中学校と高校福祉科の同級生で、プライベートでも仲良しです。同じ日に休みを取って旅行に行くこともあります。旅行中、仕事の話をすることもあり、性格が全然違うことから、利用者への捉え方も異なっており、参考になっています。