メディアばこ
子どもと始める アウトドア ジョイン
外遊びのススメ

ジョインロゴ.jpg

 

子どもと始める アウトドア

新型コロナウイルスの影響で幼稚園が休園になったりイベントが中止になったり。家にいる時間が長くなり、ストレスを感じていたパパやママは多いでしょう。そんな中、自然いっぱいの場所は、感染リスクが低いということが徐々にわかってきたことで、アウトドアに注目が集まっています。



デイキャンプから始めよう

 アウトドアと言ったらキャンプを思い浮かべる方も多いのでは。山奥で満天の星空を楽しんだ後にテントで眠って、小鳥のさえずりで起きて、焚き火で朝食を作って...というのはなかなかの上級者。子どもが初めてキャンプに参加する場合や、パパやママがあまり慣れていない場合であれば、まずはテントを張って寛いだり、バーベキューや自然散策を楽しんだりして暗くなる前に帰るデイキャンプから始めてみましょう。

近場のキャンプ場がおすすめ

 遠方の場所を目指すのは考えもの。長距離移動で疲れてしまった後にテント設営をするとなると、バーベキューの火起こしの段階ですでにへとへと。慣れてないがために時間を取られ、昼食の時間が遅くなってしまう恐れもあります。まずは遠くても2時間ほどで行ける場所を探してみましょう。

 「自然の中でキャンプをしたいのだから有料のキャンプ場はもったいない気がする」と考える方もいるでしょう。ただ、有料のキャンプ場であれば、テントが張りやすいよう木の枝や砂利などが取り払われていたり、水道やトイレがきちんと整備されていたり、バーベキューセットなどのキャンプ用品のレンタルができたりとメリットたっぷり。キャンプ用品を販売しているところであれば、うっかり買い忘れた物や足りなくなってしまった物をすぐに購入できるため安心です。スタッフが常駐していれば、「火がつかない」「テントがうまく張れない」など困った時に相談すればきっと助けてくれるでしょう。

 テントを張る区画内に車も停められる「オートサイト」のキャンプ場は、車をテントの近くに停めることができ、荷物の出し入れが楽ちんです。



持ち物リストデイキャンプ

テント.jpg

 キャンプ用品を扱うお店に行くと、いろんなアイテムが並んでいるため、最初から全てをそろえようとすると、出費がかさんでしまいます。ここではデイキャンプ(テントでくつろぎ昼はバーベキューという想定)に必要最低限な持ち物をピックアップしました。

テント 〇テーブル 〇チェア 〇炭、軍手、炭用トング 〇バーナー 〇食材や食器類 〇クーラーボックス 〇テント床に敷くマット(タオルケットを重ねても◎) 〇タープ(ポールや紐などで大きな布を引っ張ってつくる日よけ。タープの下はリビング、テントは寝室といった考え方が一般的です。) 〇焚き火台やバーベキューコンロ



おすすめアイテム

【コンパクトサンシェード】

 デイキャンプであればテント&タープ代わりとしても。QUICKCAMPのシェードは、たった15秒で設営が可能。テントだと夏は蒸れることもありますが、これなら風通しも抜群で、山でのキャンプはもちろん、海水浴にも◎。

【キャリーワゴン】

 なにかとかさばるキャンプの荷物。ワゴンにまとめて入れれば楽に運搬できます。QUICKCAMPのアウトドアワゴンには直径21cm、幅8.5cmの大型タイヤを使用。山道や砂利道でもスムーズに荷物を運ぶことができます。



自然の中や広めの公園でのびのび遊ぼう

 もちろん、キャンプだけがアウトドアではありません。アウトドアとは、屋外で行われる活動の総称で、屋外スポーツや登山、ピクニックなども言ってみれば全部がアウトドアです。自宅の庭や近所の公園で遊ぶのも、アウトドアと言えないわけではありませんが、暖かくて穏やかな休日は、自然の中や広めの公園で、親子でのびのびと遊んでみてはいかがでしょうか。

 「ではどうやって遊ばせたらいいのだろう」とパパやママは考えてしまいますが心配無用。子どもは遊びの「天才」です。歩けるようになって間もない子どもにとっては、ふかふかの葉っぱの上を歩くだけでも立派な冒険。いつものコンクリートやフローリングとは違った感覚を味わうことができます。

 2、3歳にもなれば、石ころや葉っぱを拾って食材に見立てておままごとを始めたり、ひたすら木の枝で穴を掘ってみたり。それこそ正に、立派な外遊びと言えるでしょう。

 見守っているだけではつまらないとうパパやママにおすすめなのはやっぱりスキンシップ遊び。室内でもできますが広々とした芝生の上ならいつもより大きくのびのびと動けます。子どもにとってパパやママとのスキンシップは、ある程度大きくなってからでもうれしいもの。「重たい」「赤ちゃんでもあるまい、きっと喜んでくれない」とは思わず、ぜひトライしてみては。



おすすめのスキンシップ遊び

【ジェットコースター】

 大人が子どもをおんぶして、歩いたり走ったり背伸びしたりしゃがんだり。強弱を付ければ背中から笑い声が聞こえてくるはず!

【カンガルーごっこ】

 子どもに体操座りをしてもらいましょう。大人が後ろに立ち、子どものひざの下に手を入れて抱えて、スキップしたりジャンプしたり。




自然の中で遊ぶことって、子どもにとってどんな良いことがあるの?

 日本人は軽視しがちですが、私は睡眠がとても大切なことだと考えています。眠ることで①大脳を休める②起きていたときに見聞きした情報を整理し、必要なことを脳に刻み込む③不要な情報を消去することができます。この3つをしっかりと機能させるためには、幼稚園児や保育園児であれば、午後9時から午前6時の間は寝ていると良いでしょう。

 中には、子どもを午後9時に寝かせることが難しいという家庭もいるでしょう。それでも、早く寝ることが理想だと、保護者が強く「思っている」ことが大切です。思っていれば行動につながります。気に留めておいてくださいね。

 夜、眠くなるためには「メラトニン」というホルモンが必要です。そのメラトニンを作る材料が、やる気のホルモンと言われている「セロトニン」です。セロトニンは、太陽の光をたっぷり浴びることで増やせます。自然の中で遊んで太陽の光をたっぷりと浴びれば、質の良い睡眠につながりますよ。

 他にも、外でのアクティビティにはメリットがたっぷりあります。インターネットの登場などで、対人コミュニケーションが苦手な学生が増えてきた印象があります。短大のカリキュラムに、外でのレクリエーションやデイキャンプを取り入れているのですが、回数を重ねるにつれ、学生の積極性やコミュニケーション能力が上がっていくのが見てとれます。テントの設営やバーベキューの準備などで話し合いを重ねるうちに身に付いていっているのです。幼いうちから始めていれば、高いコミュニケーション能力が自然と身に付くでしょう。

 確かに、外での遊び、特にキャンプなどは保護者にとっては準備が大変です。ただ、「子どもが成長する機会」と理解すれば、頑張れるでしょうし、やってみれば保護者も楽しめリフレッシュできますよ。

 石や木の枝がたくさん転がっている自然の中は「見立て遊び」にも最適ですし良いことずくめです。「少しでも外に出ることはプラスになる」ことを意識して、子育てをしてくださいね。

hagukuminowa.jp でも配信中