メディアばこ
ロハスライフプロジェクト 2020 5月
コロナに負けない免疫力を!健康づくりを始めよう

健康をつくることは、人生をもっと豊かにする。

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。感染予防のためには、こまめに手を洗うことや、不要不急の外出を控えることが求められています。それに加え、自分自身の免疫力を高めることも大切です。

免疫力アップには、バランスの取れた食事、十分な睡眠、そして適度な運動の全てが不可欠です。

岐阜県では以前から、岐阜県民の自主的な健康づくりを促進する「清流の国ぎふ健康ポイント」制度や、1日に350gの野菜を食べることを呼び掛ける「清流の国ぎふ野菜ファーストプロジェクト」などを展開。

これらの取り組みは、免疫力アップに打ってつけです。ぜひ皆さんも始めてみませんか。

 


 

外出がままならない昨今の状況下において、屋外で思いっきり運動をすることはなかなか難しいのが現状です。こんな時だからこそ、ぜひ取り組んでもらいたいのが、室内で子どもも高齢の方も障がいのある方も、誰もが楽しく無理なく取り組める「ミナモ体操」。

ミナモ体操とは、2012年に県内で開催された「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会」の大会ソング「はばたけ、未来へ」に合わせて体を動かす体操です。「立って体操編」と「座って体操編」がありますので、長時間立っていられない方でも取り組めます。

ミナモ体操とは別に、大会ソングに合わせて踊るミナモダンスもあり、大会当時は小学校や保育園などで盛んに踊られていたため、今でも覚えている子どもは多いでしょう。大会ソングを家で流し、大人はミナモ体操を、子どもはミナモダンスを楽しめば、家族みんなで健康づくりに取り組むことができます。

今回はミナモ体操の「立って体操編」をご紹介します。

 


 

●健康ポイントとは?

「清流の国ぎふ健康ポイント」制度とは、岐阜県民の自主的な健康づくりを促進するための制度です!

健康診断やスポーツ教室など、健康づくりメニューに取組むとポイントが与えられ、所定ポイント数を獲得すると特典(ミナモ健康カード、抽選申込書)がもらえます。

県内約700の協力店で「ミナモ健康カード」を見せると、様々な特典を受けることができます。

●参加方法

1 市町村の窓口でチャレンジシート(記録票)をゲット!

2 市町村が定める健康づくりメニューに参加し、チャレンジシートに記録

3 ポイントを貯めて「ミナモ健康カード」をゲット!協力店でカードを見せるとプレゼントがもらえたり割引してもらえたりとうれしいことが!

シート、カードl.jpg

●さらに!健康グッズや県産品が当たるかも?

お得に楽しく健康づくりに取り組めるチャンスです。ぜひ皆さんもチャレンジしてみてくださいね。

※20歳以上などと参加年齢を定めている市町村もあります。

 


 

通勤や通学がないと、朝食を抜いたり夕食が遅くなったりするなど食事時間が乱れがちになります。できるだけ普段通りに規則正しく、主食・主菜・副菜(野菜)がそろったバランスの良い食事にも気を配りたいものです。

高齢者は、低栄養が感染症発症リスクになるため、十分なエネルギー量とたんぱく質を摂取し、家の中でも体を動かしましょう。

おうちでごはんを楽しみながら、規則正しい食事時間と栄養バランスに気をつけましょう。

野菜ファースト クリック.jpg