メディアばこ
自宅に快適なお仕事空間をつくろう! クラシド

クラシドロゴ.jpg

 

見出し.jpg

働き方改革が進む中、在宅で仕事をする「テレワーク」を取り入れる会社が増えています。

自宅で仕事をするためには、まずその環境を整える必要があります。

ここでは、充実したワークスペースのつくり方をご紹介します。

 

 在宅で仕事をする際、「どのように仕事に集中できる環境を整えるか」はとても重要になります。お子さんに仕事で使う道具や書類を触れられたくないけれど、作業中の資料はそのままデスクに置いておきたい、たくさんの資料を広げるスペースが欲しい、家族とコミュニケーションを取りながら仕事がしたいなど、自分が望むワークスタイルを考えることが、最適なワークスペースづくりにつながります。

 一番のポイントは、暮らしと仕事との距離感です。家族の様子を見ながら仕事をしたいなら、ワークスペースはLDKに。反対に日常生活とメリハリをつけたいなら、寝室などの個室を利用するのがベターです。場所を決める際には、仕事に必要なものをあらかじめリストアップしておくと、確保すべき広さや収納スペースをイメージできます。パソコンを置く際は、電源やネット環境が確保できるか、日差しが当たって高温にならないかなども考慮しましょう。

 テレワークがさらに普及することで、新たに住まいを建てる方にとっても、今後は自宅で働くことが住まいづくりの新たなキーワードになります。例えば書斎などの個室を今までよりも1部屋余分に設けたり、デッドスペースを活用したワークスペースを間取りに加えることも必要でしょう。

 土地選びも通勤を考慮する必要がなくなれば、都心部から離れて子育てに適した自然豊かな場所を選ぶことも可能です。これからは自宅で仕事をするスタイルが、住まいのあり方にも変化をもたらしそうです。

 

個室を設けなくても、パーテーションやカーテン、収納家具などで部屋を仕切って、暮らしのゾーンと仕事ゾーンを分けるだけでも、オンオフの切り替えができます。それも難しい場合は、デスク周りにラグを敷いて意識的に空間を区切るだけでも、気分が変わります。]

 

テレワークが増えるにつれて普及してきたのが、インターネットを使ったウェブ会議。その際、後ろに部屋の様子が映り込むことを避けるためにも、背景を考慮したデスク配置を心がけましょう。デスク周りの掃除もこまめに行ってください。

02イラスト.jpg

 

効率よく仕事をするために、集中力を高める寒色系のインテリアや、脳を活性化させる柑橘系やペパーミント、ローズマリーなどのアロマ、心を落ち着かせる観葉植物など、自分に合ったリラックス空間をつくる工夫を加えてみましょう。

 

 通勤時間がない分、時間を有効に活用できることもテレワークのメリットです。そこでその時間を使って、仕事用の棚を作ってみる、デスク周辺の壁を落ち着いた色に塗り替える、書類を貼るマグネットクロスを張るなど、DIYにチャレンジするのもおすすめです。

 

ICT(情報通信技術)を活用して、時間や場所の制約を受けることなく柔軟に働く勤務形態。テレワークの「テレ」は「遠距離」を意味します。在宅勤務もテレワークの1つで、自宅でパソコンやインターネット、電話などを利用した働き方を指します。