岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


笑顔つなぐ福祉のわ

入職1年目、広がる夢 笑顔つなぐ福祉のわ

介護職員クローズアップ



やりがい聞いてみました

職場の支援受け資格の勉強スタート 千葉星愛さん(心音ケアセンター瑞浪・瑞浪市)

-介護職員になったきっかけは。
 中学生の時、職場体験で病院へ行き、いろいろな方がキビキビと働いている様子を見て、「看護師さんのように人の役に立てる仕事に就きたい」と、漠然と福祉の仕事に興味を持ちました。瑞浪高校の生活デザイン科福祉コースに進学し、いろいろと勉強をする中で、介護職員になりたいと思い、就職することにしました。

 高校在学中、専門学校への進学を考えたこともありましたが、家族に金銭面での負担をかけたくなかったですし、高校の先生から「心音ケアセンターは資格取得のサポートが行き届いているから、働きながら介護福祉士国家資格が目指せる」などと聞き、今年の春に就職しました。

-介護福祉士を目指す中で職場からはどのようなサポートを受けていますか。
 上司と相談して決めたことなのですが、入門資格と言われている介護職員初任者研修ではなく、より専門性の高い介護福祉士実務者研修を受けることにしました。6月末から8月上旬まで、週1日のペースで、名古屋市内の専門学校に通いました。

 専門学校の学費と名古屋までの交通費は職場が負担してくれました。また、専門学校の授業の日は出勤日としてカウントしてもらえたので、休みの日はゆっくりと復習等に充てることができました。まだ課題が残っていますが、うまくいけば今月中に修了できそうです。

 実務者研修を受けたことで、認知症やまひがある利用者に対しての理解が深まり、もっと相手のことを考えてケアしないといけないということに気付けました。入職してすぐのタイミングで受けることができて本当に良かったです。

-現在の仕事内容は。
 デイサービスの担当をしています。送迎はまだしていませんが、それ以外の食事介助や入浴介助などはしています。レクリエーションの内容を考えることもあります。小学6年生までピアノを習っていて、高校では吹奏楽部に所属していたので楽譜は読めます。たまに、ピアノで童謡などを弾くこともあり、利用者の皆さんに喜んでいただけてうれしいです。

-職場の自慢できる点は。
 優しい先輩ばかりで相談しやすいですし、わからないことはしっかりと教えてもらえます。また休みが多く、デイサービスの定休日の日曜日に加え、平日も毎週1、2回休めます。希望休を出して通らなかったこともありません。コロナ禍ですので、友達と遊びにいくことはなかなか難しいですが、家族で近くに買い物へ行ったり、勉強したりして過ごしています。

-今後の目標は。
 まずは最短で介護福祉士の国家資格を取ることですね。3年働かないと受験できませんが、資格試験を受けるために必須の実務者研修は受けたので、ゆっくりと資格試験の勉強を進めていきたいです。

 先輩には、ずっと介護職員を続けるのであっても、いろいろな資格を取った方が、視野が広がって良いと言われています。ゆくゆくは、ケアマネジャーや社会福祉士などにも挑戦したいですね。