岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


ぎふのはね。

近場のアウトドア特集



ぎふのはねロゴ.png

 

 冬のコートもすっかりいらなくなって、本格的に春がやってきました。GWも近づき、旅行の計画をたてたいところですが、今後の状況が見通せず、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 こんなときは、やはり近場で探すのがいちばん。地元の大自然に囲まれた空間で、密を避けた心地よいアウトドアをたのしみませんか。

 

初心者・女性でも楽しめる?
 多くのキャンプ場には電気や水道、トイレなど、最低限のものは整備されていますし、シャワーがあるところも珍しくなく、気になる汗や化粧もスッキリ流して眠れます。宿泊する場所のすぐ近くまで車で行ける所がほとんどなので、多少荷物が多くなっても問題ありません。

 初心者同士で行く場合、まずはテントを組み立てる必要のないコテージやバンガローでの宿泊をおすすめします。それでも心配な方は、まずは日帰りでデイキャンプから始めるのもいいですね。仲間と一緒にいろいろなスタイルを試し、慣れていけば、いつかは話題の「ソロキャンプ」デビューも夢ではないかもしれません。

 

【東海版】

 




もっと知りたい