岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


高校ダイアリー

Voice nanako ななこ(YouTuber)

岐阜人からのメッセージ



高校生ダイアリーロゴ.jpg


「もっとこうしたら良いのに」を形に、自分が見たい動画は自分で作る。

岐阜在住の人気YouTuberのななこさん。

メイクやファッションの動画の話や大好きな岐阜のことまでいろんなお話をうかがいました。


─YouTuberになったきっかけは?

 高校生の頃からYouTubeが大好きでよく見ていましたし、YouTuberに憧れていました。ただ、本格的にYouTuberをするには編集に適したパソコンやビデオカメラなどが必要になってくるため一歩踏み出せずにいました。

 大学1年生のとき、YouTuberのマネジメント会社「UUUM」のオーディションがあると知ったので受けてみたところ、準グランプリが取れました。編集のサポート等を受けられるようになって2年生になるタイミングでデビューしました。私の親は、聞くまでもなく「芸能活動なんて絶対にダメ」と言うことがわかっていたので、「とりあえずYouTuberになってみる」といった軽い気持ちではなく、「絶対にグランプリを取るぞ」と、オーディションにはすごく本気で向き合いました。

 オーディションではいろいろな課題が出されました。大学では服飾を専攻していたので制作系の宿題が多かったですし、チアダンス部にも入っていましたし、当時はアルバイトもしていましたので本当に忙しく、課題に取り組む時間が限られていましたが、忙しい学生生活ですらアピールに使いました。真剣に取り組む私に、友達も本気で向き合って応援してくれました。オーディションでアップする動画は、応援ボタンの量も審査に影響しますので、周りにも声を掛けてくれて輪を広げてくれました。

 オーディションを受けるまでは、「上手くいかないと傷つくから」と中途半端な努力しかしてこなかったように感じます。そんな自分に薄々気付いていて、変わりたいと思っていたので、オーディションではこれまでにない位、本気を出しましたね。


─YouTubeのネタはどうやって決めていますか?

 ファッションやメイクに関する友達の悩みがヒントになっていることが多いです。友達が就活をしていた時は、就活メークを題材にしてみたり、最近では「オフィスカジュアルがわからない」との友達の声を聞いて自分なりに考えてみたり経験談を聞いて参考にしてみたり。見てくれている方たちも一緒に大人になっていますので、自分が見たい動画は自分で作るという意識が強いです。

 高校生の頃からYouTubeを見ていたので、これまでに「もっとこうしたら良いのに」と思ったことを形にするようにしています。方法だけでなく、「どうしてそう見えるか」などの根拠もしっかり伝えるようにしていますね。



─今後の目標は?

 YouTubeのチャンネル登録者数が100万人になると「ゴールド クリエイター アワード」としてYouTubeから記念盾が届きます。私も皆様のおかげでもらうことができ、盾が届いたときには泣きました。今後も「自分のやりたいことをやる」ということを続けていきたいです。

 やりたいことの一つがコスメブランドです。20歳の時にブランドを立ち上げ、多くの方に自分が作ったコスメを手にとって頂けたことがとても嬉しくて、より多くの方に自分がこだわり抜いたコスメでメイクをしていただけるよう準備を進めています。メイク初心者でも使いやすく、上級者も満足頂けるようなものにしていきます。

 また、美容関係の動画以外にも、新型コロナが落ち着いたら岐阜にもっとたくさんの人が来てくれるよう、魅力をPRする動画を作りたいです。アクセスが最高なことも、県外の人にはなかなか知られていないので行き方からですね。以前は「大学卒業後は東京に行きたい」とばかり思っていましたが、スタイルブックの撮影をきっかに岐阜の魅力を改めて知ったことや、コロナ禍で県外に出られなくなって岐阜で過ごす時間が増えたりして、岐阜が大好きになりました。

 昨年10月に東海ラジオの番組「クリエイターズ」の木曜パーソナリティーを始めさせていただいたことも大きいです。ラジオでは岐阜のことをたくさん話していますよ。これからも岐阜に住んでたくさんの魅力を発信していきたいです。


─最後に高校生にメッセージを!!

 中学生の頃は、「将来のことなんて考えたくない」と思っていました。しかし高校で夢に向かって頑張っている友達がたくさんでき、自分は何に興味があるのかを突き詰めることができました。周りに流されてしまうこともあるかもしれませんが、いろんなものに触れて、自分が好きな分野を探して突き詰めてほしいですね。