岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


ロハスライフプロジェクト

ロハスライフプロジェクト 2020 11月

冬はさまざまなウイルス感染症が流行します。対策の徹底を!



健康をつくることは、人生をもっと豊かにする。

低温・低湿度を好むタイプのウイルスにとって、空気が乾燥する冬は"大好き"な季節です。

一方、人間は体温が下がると代謝が低くなり、ウイルスに対抗する免疫力がダウンしてしまいます。また、夏と比べて水分の摂取量が少なくなることから、喉や気管支の粘膜がカラカラになり、ウイルスの侵入を防ぎにくくなってしまうため、冬は夏以上にウイルスに感染しないように注意する必要があります。

 

インフル患者数、今秋減少

 ウイルスと聞くと、今ではほとんどの方が「新型コロナウイルス」という言葉を真っ先に思い浮かべるでしょう。しかしウイルスはそれだけではありません。季節性インフルエンザもウイルスによるものです。

 厚生労働省によると、全国約5千の定点医療機関から報告されるインフルエンザ患者数は、例年9~10月は1週間に数百~数千人の規模で推移していましたが、今年は20人以下の報告が続いているといいます。新型コロナウイルス感染症対策で、手洗いやマスクの着用を徹底している方が多いことが大きな要因だと言われています。

 しかし油断は禁物です。自分自身が感染しないよう、しっかりとした対策を継続させましょう。

 

基本は「体調管理」「マスクの着用」「手洗い」

 新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染症対策の基本となるのは「体調管理」「マスクの着用」「手洗い」の徹底です。

 まずは、毎日検温を行うなどの体調管理を行い、万が一、体調に異変があるときは無理をせず、特に発熱等の症状が出たときには、外出を避けましょう。

 

外出時はマスクを着用

 そして「マスクの着用を含む咳エチケット」の徹底も欠かせません。手で押さえて咳やくしゃみをすると、手の隙間から多くの飛沫が飛んでしまうだけではなく、手に飛沫が付着します。飛沫が付いた手で触ったドアノブなどを介し、他人に病気をうつす可能性も出てきます。

 マスクを日常的に正しく着用することは、自分や周りの方々を守るために欠かせないことです。

 

正しい手洗いを小まめに

 手を洗う際、石けんでよく洗って、流水でしっかりすすぐ、を2セット行うことで、手洗いする前と比較してウイルスの量は100万分の1にまで減るという調査データもあります。

 手洗いは、洗い方に加え、回数も大切です。

 この冬は、職場や家庭で、「正しい手洗いを小まめに行う」「外出時は必ずマスクを着用する」などのチェック・声掛けを行う担当を決め、感染症対策を徹底しましょう。

 

発熱等の症状が出た場合、かかりつけ医に電話相談を

 新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザ。症状は、発熱、せき、だるさなどでよく似ており、医師であっても、問診しただけでは区別できません。そこで県では、新型コロナとインフルの両方を相談・受診できる体制を整備しています。

相談・受診の流れ
発熱、せき、だるさなどの症状が出た場合、外出を避け、まずは、かかりつけ医に電話相談
かかりつけ医を持たない場合や、相談先に迷う場合等は「受診・相談センター」に相談
相談先の案内に従って受診
 検査は医師が必要と判断した場合に実施

問/県庁感染症対策推進課
☎058(272)8860
相談・受診方法について、詳しくは県公式ウェブサイトをご覧ください。

 


 

岐阜県レクリエーション協会推奨
\ 指揮者になろう/

 童謡「ふるさと」を歌いながら、利き手は1、2、3、1、2、3と3拍子の三角の動きを、もう片方は、1、2、1、2と2拍子で上下の動きを同時にしてみてください。両手で同じ動きをしてしまいそうになるので、なかなか大変ですよ。

 慣れてきたら、利き手を2拍子に、もう片方を3拍子にしてください。一気に難易度が上がりますよ。手や歌を変えることで、無限に楽しむことができます。

 


 県では、働き盛りの従業員の健康づくりを推進するため、平成30年9月に「清流の国ぎふ健康経営推進事業」を創設し、県内の企業による従業員の健康に配慮した経営を促進しています。ここでは、昨年度「清流の国ぎふ健康経営優良企業」として表彰された企業様の取組みを紹介します。

一般社団法人ぎふ綜合健診センター

働く人の健康に寄り添い、能力を発揮できる職場づくりを

 企業は人なりとよく言われます。そこで健康経営を推進し健全な身体を支える健康づくり活動を行いました。ウォーキング活動では身体活動がある者の割合が倍増し一定の効果を認め、なかには10kgも体重が減った職員もいました。また、健診後の保健指導にも力を入れたことにより、生活習慣の改善に取り組む職員の割合も10%以上増加しました。今後も更なる効果を期待し活動を継続していきます。

 ぎふ綜合健診センターは、人手不足が叫ばれる中、専門性をもった職員の病欠が大きな課題となっていました。そこで健診施設を有しているメリットを活かし、健康診断の実施日を2日間設定して就業時間内に行えるよう業務を調整するなどして、受診率向上に注力、40〜74歳対象の特定健診や特定保健指導は実施率100%を実現しています。

 受動喫煙防止のため施設内はすべて禁煙とし、屋外に設けた喫煙スペースには「卒煙所」と名付けて禁煙を推奨。今後はセンター内に在籍する日本禁煙科学会認定の禁煙支援士を活用し、さらに禁煙を呼び掛ける予定です。

 健康診断の問診で運動習慣がある人が12.6%と低かったことから、2019年度にリストバンド型活動量計を全職員に配布したところ、自発的にウォーキングをする人が増加。19年11月には、職員の交流を兼ねた「ウォーキング会」を開催し、多くの職員が参加しています。施設内の電子看板では、活動量計の歩数ランキングや昼休みに取り組めるウォーキングコースの紹介、食生活に関する情報を発信し、始業時には館内放送でラジオ体操を流すなど、多角的に運動を始めるきっかけづくりを行っています。

 こうした取り組みの結果、19年には「健康経営優良法人(ホワイト500)」の認定を取得。上村博幸専務理事は「これからは食生活の改善や禁煙100%を目指す取り組みにも注力したい」と、さらなる挑戦に意欲を見せています。

 


 

「ミナモ健康カード協力店」で特典やサービスを
\ 受けることができます!/

飲食店
アジャーラー岐南店
☎ 058-214-3775

おいしい珈琲とムレスナティーが楽しめる

地元野菜やこだわり農家の野菜たっぷりのランチは「せいろ」で蒸すから肉も魚もヘルシー!たっぷり紅茶を楽しめるモアティーセットをプラスで、デザートも楽しめ優雅な時間に。

ミナモ健康カード特典
アフタヌーンタイム(14:00以降)ご来店でドリンクご注文の方にミニデザートサービス

住所/岐南町みやまち2丁目91フォルテ808 1
営業時間/9:0017:00
定休日/火曜・第1月曜
※6歳未満のお子様はご入店をお断りしております。

 

習い事
HOT.D.D.C
☎ 080-5504-9314

他にない習い事で、成功体験を...

岐阜・西濃地域唯一のダブルダッチスクール。リズム感向上、マット運動強化、縄跳び上達、人間関係構築等、様々な効果が期待できるスーパー縄跳びを年中さんから体験可。体験1回無料!!

ミナモ健康カード特典
入会金(5000円)無料

住所/岐阜市日置江2丁目49
営業時間/(月・火・水)17:1021:00
定休日/木・金・土・日曜

令和21117日現在