おこわや素揚げ…山県市の栗味って − 岐阜新聞 Web

スキップリンク

おこわや素揚げ…山県市の栗味って
2017年09月22日 09:45
写真:おこわや素揚げ…山県市の栗味って
「山県市ふるさと栗まつり2017」への来場を呼び掛けたPR隊=岐阜新聞本社

 10月1日に岐阜県山県市大桑の四国山香りの森公園で開かれる「山県市ふるさと栗まつり2017」のPR隊が21日、岐阜新聞本社を訪れ、イベントの魅力をアピールした。

 大桑地区は、大粒で甘さが特長の利平栗(りへいぐり)発祥の地で、栗の栽培が盛ん。まつりでは午前9時45分と午後2時からの2回、無料で参加できる栗のつかみ取りを行う。会場では、栗おこわや栗の素揚げ「マロンフライ」などが味わえるバザーもある。

 ステージイベントも多彩。午前11時からはぎふチャンラジオの公開生放送があり、演歌歌手山川豊さんと出光仁美さんが出演する。午後1時30分からは同市出身のお笑いコンビ「ほえるん」のショーがある。

 PRに来社したのは、市観光親善大使「ナッチョルくん」とまつり実行委員会のメンバー。宇野睦会長(54)は「山県市の良さが実感できる一大イベント。大勢の人に楽しんでもらいたい」と話した。