スキップリンク

「鬼まん」専門店オープン 道の駅「志野・織部」
2017年04月29日
写真:「鬼まん」専門店オープン 道の駅「志野・織部」
29日にオープンする鬼まんじゅう専門店「満開堂 志野織部店」=岐阜県土岐市泉北山町、道の駅「志野・織部」

 鬼まんじゅう専門店「満開堂 志野織部店」が29日、岐阜県土岐市泉北山町の道の駅「志野・織部」内にオープンする。国産原料を使ったこだわりの鬼まんじゅうや、酵素ジュースを販売する。

 鬼まんじゅうを「満開堂」のブランド名で製造販売する「美濃廣庵」(瑞浪市薬師町)が、テラスゲート土岐・まちゆい内の店舗に続き、直営3店舗目としてオープンする。

 鬼まんじゅうは、自社農園で栽培したサツマイモや、県産100%の小麦粉、ミネラルが豊富な自然糖を使用。志野織部店では、店舗限定のアールグレイをはじめ、ハトムギ、カボチャ、安納芋、ムラサキイモ、ヨモギの6種類を販売する。

 酵素ジュースは生ブルーベリー、スパイスブレンドなど4種類で、炭酸の有無やホット(冬期)、アイスを選べる。下呂市出身のコーヒー焙煎(ばいせん)士川上敦久さんによるオリジナルブレンドコーヒーも提供する。

 美濃廣庵の成瀬晃司さん(38)は「店を通じ、道の駅や地域全体をお客さんに楽しんでほしい」と話している。