高校野球ニュース
飛騨神岡、鮮やかに逆転 可児工、終盤の好機逃す

2018年07月16日 11:14

【飛騨神岡7-3可児工】

 飛騨神岡が終盤に逆転し快勝。1-3の七回に松田の2点適時打で追い付き、八回には打者9人で一挙4点を奪い、突き放した。先発右腕の青山が6安打完投した。

 可児工は同点で迎えた八回、無死満塁の絶好機を逃した。

 ●可児工・白土瑠海主将 三回の打席で甘い高めのストレートをミスショットし、期待されているホームランを打てなかった。足がつって途中交代もしたし、自分のせいで勝たせることができなかった。