高校野球ニュース
岐阜工、鮮やか集中打 八百津に七回コールド勝ち

2018年07月16日 11:23

八百津×岐阜工=5回裏岐阜工2死満塁、岩佐が走者一掃の適時三塁打を放つ=大野

八百津×岐阜工=5回裏岐阜工2死満塁、岩佐が走者一掃の適時三塁打を放つ=大野

【岐阜工10-1八百津】

 岐阜工は打線が勝負強さを発揮し、コールド勝ち。一回に花井の犠飛で先制、二回に4長短打などで2点を加えた。五回は、岩佐の3点三塁打など7本の集中打で一挙7点を奪い、突き放した。

 八百津は打線がつながりを欠いた。

 ○岐阜工・宮脇賢二監督 普段から徹底してきたことを選手たちはよく発揮してくれた。先発の小酒井は、完投させるつもりで送り出した。持ち前の制球力を生かし、特に警戒していた(八百津の4番)丹羽君をよく抑えてくれた。