高校野球ニュース
中京院中京、隙なし 1番・西尾3安打けん引

2018年07月22日 10:14

  • 中京院中京×美濃加茂=6回裏中京2死、3安打目となる右前打を放つ西尾=土岐
  • 4回表美濃加茂1死、左中間にチーム唯一の得点につながる三塁打を放つ岩井

【中京院中京8-1美濃加茂】

 中京院中京が11安打8得点の七回コールドで快勝した。

 中京は一回、西尾の中前打を足場に藤田健の左犠飛で先制。三回にも藤田健の犠飛で加点すると四回は藤田龍、林隼の連続適時打などで4得点を挙げ突き放した。不後は直球が抜群に切れ、7回1失点で完投した。

 美濃加茂は四回に山口の中前打で一時は1点差としたが続かなかった。

 ○中京院中京・不後祐将投手 (7回1失点完投)連戦も考え、打たせて取る投球をすることができた。カーブが効果的に決まり、自分の理想通りに投げられた。残りの試合も全て自分が投げきりたい。

 ●美濃加茂・石原楓也主将 今大会は持ち前の打力に加え、守備からリズムをつくる野球を目指して戦ってきたが、相手打線とエース不後に、攻守ともに流れをつかみきれなかった。

中京院中京の対戦結果はこちら
美濃加茂の対戦結果はこちら