高校野球ニュース
大垣商×大垣日大 高校野球岐阜大会25日決勝

2018年07月24日 15:42

 第100回全国高校野球選手権記念岐阜大会第7日は24日、岐阜市の長良川球場で準決勝を行い、第1試合は大垣商が市岐阜商を4―1で下して7年ぶりの決勝進出を、第2試合は大垣日大が岐阜第一を4―2で破って3年連続の決勝進出を果たした。大垣勢同士の対決となる決勝は、25日午後1時から同球場で行われ、県代表が決まる。

 大垣商は六回に河瀬大輝の左越えソロで先制。同点とされたが、九回2死一、二塁から石原諒が左翼席に3ランをたたき込み、勝負を決めた。

 市岐阜商は平尾侑大のソロで追い付いたが、大垣商の2年生エース富田蓮を打ち崩せなかった。

 大垣日大は二回、安藤雅哉の中前打で同点とすると五回、大竹駿也の左越えソロで勝ち越し、小野寺優斗の適時二塁打で加点。八回に修行恵大のソロでダメを押した。

 岐阜第一は一回、押し出し四球で先制し、七回に大橋優斗の適時二塁打で1点差とするなど追い上げたが及ばなかった。

高校野球岐阜大会特設サイト