高校野球ニュース
大垣日大、無心殊勲の一発 岐阜第一、奮投及ばず

2018年07月25日 09:56

  • 大垣日大×岐阜第一=5回表大垣日大無死、勝ち越し左越えソロを放つ大竹=長良川
  • 9回裏、岐阜第一の打線を抑えて決勝進出を決め、喜ぶ大垣日大の修行
  • 8回表1死でマウンドを託した伊加利に、言葉を掛ける岐阜第一・平井(右)
  • 2回表大垣日大2死二塁、9番安藤が同点の中前打を放つ
  • 7回裏岐阜第一2死二塁、大橋が左越えの適時二塁打を放つ

【大垣日大4―2岐阜第一】

 2本塁打と絶妙な継投で逆転勝ちの大垣日大が3年連続決勝に名乗り。

 一回に先制を許したが、二回2死二塁で安藤が中前打を放ち、同点。五回には先頭打者大竹の左越えソロで勝ち越すと、1死一塁で小野寺が三塁線を抜ける適時二塁打で追加点を挙げた。七回には再登板の修行が三振を奪い反撃を抑えると、八回に自ら左越えソロを放ち再び突き放した。

 岐阜第一は一回に押し出しで幸先よく先制し、その後も走者を進めるもあと一本が出ず。平井の力投も実らなかった。

 ○大垣日大・安藤雅哉主将 (七回途中で登板した修行恵大が)1球で仕留めてくれて流れがきた。走塁やバントでミスがあり、修正して臨みたい。

 ○大垣日大・阪口慶三監督 (決勝は大垣勢対決となり)市制100周年で100回大会の年に、最高の舞台が整った。だが、甲子園へは1校しか出られない。死にものぐるいで勝つ。

 ●岐阜第一・城西将志主将 相手の投手が一枚上手だった。この夏を経験した2年生には、甲子園に行ける力が絶対あると思う。チームを引っ張って、一戦必勝で突き進んでいってほしい。

 ●岐阜第一・田所孝二監督 中盤、相手を少し慌てさせることはできたが、あと一押しできなかった。最初は自信なさげでプレーしていた選手たちが、ここまでこれたなんて。本当によくやったと思う。

大垣日大の対戦結果はこちら
岐阜第一の対戦結果はこちら