高校野球ニュース
大垣商、九回決着3ラン 市岐阜商、無情

2018年07月25日 10:04

  • 大垣商×市岐阜商=9回表大垣商2死一、二塁、3ランを放って祝福を受ける7番石原諒=長良川
  • 9回表2死一、二塁のピンチでエース日渡(右)に笑顔で話しかける市岐阜商の主将・中神
  • 126球を投げて完投勝利した大垣商のエース富田蓮
  • 6回表大垣商1死、河瀬大が先制のソロ本塁打を放つ
  • 6回裏市岐阜商、平尾が同点ソロ本塁打を放つ

【大垣商4―1市岐阜商】

 貴重な3ランで大垣商が接戦に終止符を打ち、7年ぶりの決勝進出。

 序盤、二、三回に三進するも、均衡を破れずにいた打線は、六回に2番手日渡から、河瀬大が左越えソロを放って先制。すぐに同点とされたが、九回2死一、二塁で、石原諒が追い風に乗り、左翼スタンドに勝ち越しの3ランをたたきこんだ。先発富田蓮は被安打5、1失点完投だった。

 市岐阜商は六回に平尾のソロで一時同点としたが、好機であと一本が出ず。中神、日渡の継投も実らなかった。

 ○大垣商・有賀竜也監督 まさか市岐阜商とこんな試合ができるなんて...。興奮が収まらない。9回がとても長く感じた。石原諒の3ランは全く予想していなかったが、次につなぐ意識があったからこそ打てたと思う。決勝は未知の世界。楽しみながらも欲を出して戦いたい。

 ○大垣商・渡辺鎌主将 全員が積極的にプレーできたことが勝ちにつながった。(富田)蓮もいい投球をしてくれた。今まで戦ってきた相手の分も、残り1試合全力で戦いたい。気持ちで負けないことが大切だと思う。

 ●市岐阜商・秋田和哉監督 選手たちは最大限の力を出し、よくやった。勝たせてやれなくて申し訳ない。同点に追い付いた後、一気に攻め込まなければ...。相手先発の富田(蓮)君の内外を丁寧に突く投球を最後まで捉えられなかった。

 ●市岐阜商・中神拓都主将 自分たちのやるべきことは全てやったので悔いはない。だが、ベンチに入れなかった仲間を甲子園に連れていくことができず申し訳ない。後輩には3年連続で越えられなかった準決勝の壁を破ってほしい。

大垣商の対戦結果はこちら
市岐阜商の対戦結果はこちら