高校野球ニュース2019
大垣西、県岐阜商に惜敗 序盤のリード守れず

2019年07月15日 10:51

県岐阜商×大垣西=2回裏大垣西2死満塁、先制の3点適時打を放つ松岡=長良川

県岐阜商×大垣西=2回裏大垣西2死満塁、先制の3点適時打を放つ松岡=長良川

【県岐阜商6-5大垣西】

 粘り強く追い上げた県岐阜商が逆転勝ちした。

 県岐阜商は四回の佐々木の追撃2ラン、終盤の小刻みな加点で同点。九回に佐々木の勝ち越し二塁打で接戦を制した。

 大垣西は序盤は優位に進めたが、継投の野崎に五回以降封じられた。

 ○県岐阜商・加藤駿希主将 (七回に追撃の口火となる左前適時打)打てたことは成長を示せたと思うが、序盤の好機に結果を出せなかった。チーム全体が低めに集められ、自分たちの打撃ができなかった。次戦は序盤から畳み掛け、優位な試合展開にしたい。

 ●大垣西・庄矢大樹主将 初戦が県岐阜商と決まってからより練習を厳しくした。攻撃の面では練習以上のものが出せたと思う。強豪と互角の試合ができたので悔いはないが、相手打線はどの選手も手ごわかった。