高校野球ニュース2019
大垣商が接戦制す 池田、攻め切れず

2019年07月17日 11:07

大垣商×池田=16奪三振の快投をみせた大垣商の左腕富田=大垣北

大垣商×池田=16奪三振の快投をみせた大垣商の左腕富田=大垣北

【大垣商4-2池田】

 大垣商がエースの快投で接戦を制し、3回戦へ駒を進めた。

 大垣商は二回、酒井の二塁打で先制。その後も4番内藤の連続適時二塁打などで加点した。富田は緩急自在で16奪三振。

 池田は、走者を出しながら攻め切れなかった。

 ○大垣商・内藤由亘主将 初戦ということもあり、最初は全体的に動きが硬かった。みんなで「笑顔」と声を掛け合っているうちにリラックスしてきた。攻撃でチャンスを生かせなかった場面もあるので次戦では確実に得点したい。

 ●池田・武藤篤史捕手 春にコールドで負けた大垣商に接戦まで持ち込めたのは、練習の成果だと思う。大垣商からは技術に加え、「塁に出てやる」「抑えてやる」という気迫も感じた。