高校野球ニュース2019
高山工が12安打15点 郡上北にコールド勝ち

2019年07月17日 12:03

【高山工15-1郡上北】

 高山工が三回に打者17人の猛攻で11点を奪うなど、12安打15得点と打線が爆発しコールド発進。

 一回に松下が内野安打で出塁すると、続く大前の適時二塁打で先制し、三回に試合を決めた。

 郡上北は四回に1点をかえすにとどまった。

 ○高山工・笠井飛翔主将 一回の守備では夏初戦の緊張もあり浮き足立ってしまったが、ピンチを併殺で切り抜けて落ち着いた。三回に11点を奪った集中打は自分たちの持ち味。次戦も先制して主導権を握り、自分たちの野球に徹したい。