岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


高校野球ニュース2019

中津商が乱打戦を制す 揖斐、終盤猛追あと一歩



【中津商6-5揖斐】

 中津商が、両チーム合わせて26安打の乱打戦を制した。二回に武川の右前打などで2点を先取。その後も吉村、山田の適時二塁打などで小刻みに加点。3投手の継投で逃げ切った。

 揖斐は終盤で追い上げたが攻めきれなかった。

 ○中津商・熊谷秀太監督 打ち合いになるのを覚悟し、5点勝負を想定していたがその通りになった。(五回の)満塁で併殺打など前半で点を取り損ねたのが痛かった。相手の粘り強い反撃にバッテリーを中心に落ち着いてしのぎ切れたことに成長を感じた。

 ●揖斐・北川愛翔主将 自分たちらしい打の野球ができたので悔いはない。粘りが足りず勝てなかったが良いゲームだった。最高の仲間と楽しく野球がやれて幸せ。後輩には毎日の練習に全力で取り組んでほしい。