岐阜新聞Web

  • 美濃
  • 飛騨
  • 美濃
  • 飛騨


高校野球ニュース2019

岐阜各務野鮮やか足攻 武義に八回コールド勝ち



岐阜各務野×武義=1回表岐阜各務野無死一、三塁、犠飛で生還し、笑顔で林勇にハイタッチする岐阜各務野の山田=プリニー
岐阜各務野×武義=1回表岐阜各務野無死一、三塁、犠飛で生還し、笑顔で林勇にハイタッチする岐阜各務野の山田=プリニー

【岐阜各務野11-3武義】

 岐阜各務野が積極的な走塁で好機をつかみ、八回コールド勝ち。

 一回、鷲見の犠飛と中村寿の左前適時打で2点を先取。その後もエンドランや盗塁から着実に加点し、4人の継投で逃げ切った。

 武義は打線がつながらず、投手陣も崩れた。

 ◯岐阜各務野・遠藤綜太主将 江崎監督から「全て責任は自分が持つ」と言ってもらい、走塁で自信を持ったプレーができている。好機で飛球が多かったのは反省点。もっと投手を援護するためにも、つなぐことを意識して点を奪いたい。

 ●武義・石田颯汰投手 相手が隙あらば走ってくることは分かっていたが、あまり警戒しすぎるのも良くないと考え、投球時は打者に集中しようと心がけた。悔しさもあるが、3年間やりきったと思う。後輩たちの初戦突破に期待したい。