高校野球ニュース2019
中京院中京、甲子園切符 大垣日大破り3年ぶり

2019年07月30日 10:31

第101回全国高校野球選手権岐阜大会を制し、マウンドで歓喜する中京学院大中京ナイン=29日午後0時51分、長良川球場

第101回全国高校野球選手権岐阜大会を制し、マウンドで歓喜する中京学院大中京ナイン=29日午後0時51分、長良川球場

 第101回全国高校野球選手権岐阜大会最終日は29日、長良川球場で決勝が行われ、中京学院大中京が8―6で大垣日大を下し、3年ぶり7度目の甲子園出場を決めた。

 両校の対戦は12季連続で、岐阜大会決勝では2年ぶり3度目の顔合わせとなった。中京学院大中京は2点を先行されたが三回に3連打などで一挙4得点し、逆転。再び2点を勝ち越された七回には、1年生小田康一郎の同点2点二塁打などで試合を再度ひっくり返した。大会を通して打線が好調で、6試合で計75安打で61得点を奪った。

 全国高校野球選手権は8月6日、阪神甲子園球場で開幕する。組み合わせ抽選会は同3日に行われる。