本社事業のご案内
「神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼」展

2020年08月01日 12:33

 「神業ニッポン 明治のやきもの 幻の横浜焼・東京焼」展を、多治見市の県現代陶芸美術館で開催します。明治時代に作られた、華やかで精緻を極めたモチーフによって装飾された輸出陶磁器「横浜焼・東京焼」は、神業ともいうべき超絶技巧を凝らし、外国の人々の好みを反映して製作されました。国内に現存する作品が希少で製作過程や実態に謎が多い「幻の陶磁器」およそ150点を一堂に紹介します。

会期
9月5日(土)~11月3日(火・祝)※9月7日、14日、23日、28日、10月5日、12日、19日、26日、11月2日は休館

開館時間
午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

会場
県現代陶芸美術館(多治見市東町4の2の5 セラミックパークMINO内)

関連イベント
▽講演会 「幻の横浜焼・東京焼-その魅力にせまる-」 9月13日(日)午後2時~同3時30分(講師:学習院大教授、本展監修者 荒川正明氏)※聴講無料、要事前申込
▽特別ギャラリートーク 10月11日(日)午後2時~同3時(講師:美術史家、実践女子大・学習院大非常勤講師、本展企画アドバイザー 森谷美保氏)※要観覧券
▽ギャラリートーク 10月25日(日)午後2時~同3時(学芸員による展示解説)※要観覧券▽友の会特別鑑賞会 9月6日(日)午前10時30分~(対象:県現代陶芸美術館友の会会員)※要事前申込

観覧料
一般900円(800円)大学生700円(600円)高校生以下無料※かっこ内は20人以上の団体料金

問い合わせ
県現代陶芸美術館 電話0572(28)3100

主催 県現代陶芸美術館
共催 岐阜新聞社 岐阜放送
協力 神奈川新聞社


事業一覧


  • 1