リーダーズボイス2020
積水ハウス株式会社 岐阜支店長 加治幸弘氏
新たな価値で幸せな暮らしを

20191228123431-87dba202.jpg -昨年を振り返って。
 全国各地で台風などの自然災害が多い一年でしたが、人が安心して住むことができる住宅の提供が私たちの使命であると再認識しました。少子高齢化や空き家問題などが山積する時代ではありますが、より高品質な住宅が持続可能な社会の構築につながるものと感じています。昨年10月から消費税が10%となり、当初はその反動が懸念されました。しかし国の支援策の効果もあり前回の増税時ほどの影響はなく、売上も好調に推移しています。
 -働き方について。
 「人間愛」を企業理念の基本哲学とし、全ての多様な人材が活躍できる働き方改革を目指すなか、子育てを応援する社会を先導する「キッズ・ファースト企業」として、男性の育児参加を推進。3歳未満の子どもを持つ男性社員に1カ月以上の育児休業取得を宣言。2018年の「イクメン休業」制度スタートから、全国の取得対象者は100%完全取得を達成し、支店内でも20人取得しています。
 -新しい取り組みは。
 米マリオット・インターナショナルとともに、全国で計画している「TripBase(トリップベース)道の駅プロジェクト」では、宿泊特化型ホテルを建設しており、県内では高山、郡上、美濃、美濃加茂市の4カ所で計画しています。道の駅をハブとして滞在型観光需要を創出、それぞれの観光資源を結び地元の皆さまと協同し、地域活性化に貢献したいと考えています。
 -今年の抱負は。
 常日頃から、「頼まれごとは試されごと」と肝に銘じて職務に励んでいます。その考え方のもと、多様化するお客さまの要望・ご期待にいち早く応え、人間性豊かな住まいと環境の創造を進めてまいります。そして、今年は創業60周年の節目の年。「健康」をテーマに、「わが家が健康をつくりだす」という新たな価値を提供してまいります。20191228123452-1ec19882.jpg