リーダーズボイス2020
サンメッセ株式会社 代表取締役社長 田中尚一郎氏
「変革」に向け次世代幹部育成

20191228144914-e0d0c18e.jpg -昨年はどんな年でしたか。
 2019年は改元、統一地方選、参院選、消費増税など印刷業界に追い風が吹きました。おかげさまで19年9月中間決算では売上高が過去最高となりました。特に個人情報を含んだ印刷物のデータ加工から印刷、封入封かんまでを一貫生産で請け負うIPS事業が花開いた印象です。08年から成長戦略の重点事業に据えて取り組んできましたが情報漏えい対策など注力した部分が国など公的機関から評価していただき、受注を増やすことができました。
 -パッケージ事業もその一つです。
 クリーンルームを備え、医薬部外品と化粧品をメインターゲットに商品パッケージの印刷・組み立てから商品の包装・梱包(こんぽう)までを、ワンストップで請け負える体制にも引き合いが増えており増収に寄与しました。高付加価値のコンサルティング・ビジネスの確立を目指すコーポレートコミュニケーション事業にも重きを置いており、持続可能な開発目標(SDGs)や企業の社会的責任を重視するESG投資をにらんだお客さまの取り組みのサポートのためサンメッセ総合研究所(Sinc)を開設するなど体制強化が図れました。
 -2035年の創業100周年を視野に、90周年までのスローガンとして「Challenge for Change2025~変革への挑戦」を掲げられました。
 15年後を見通すことはできませんが企業や行政の情報発信をお手伝いをする会社ではあり続けたい。AI(人工知能)など技術の導入も大切ですが、一番重要なのは人財です。「これからのサンメッセは自分たちで創る」という熱い思いを持った社員を公募し、次世代幹部育成プロジェクトを立ち上げました。30代を中心に十数人が集まり「サンメッセ・フィロソフィー(哲学)」を練ってくれています。来年は社内で浸透させて、自社変革、自己改革へとつなげていく考えでいます。20191228144934-20c9aab9.jpg