リーダーズボイス2020
岐阜ハートセンター 院長 松尾仁司氏
「絶対お断りしない」体制整備

20191228153714-e3070aa2.jpg -岐阜ハートセンターについて。
 心臓疾患専門病院として開院し、皆さまのおかげで今年が開院12年目を迎えることができました。改めて感謝申しあげます。岐阜ハートセンターの理念はセーフティー(安全)、スピリッツ(こころ)、スペシャリティー&サイエンス(専門技術)、システム(体制)の四つのSです。すなわち、優しさを医療の中心に考えた、何よりも安全な医療の提供に努めること、確かな技術の提供と情報発信に努めること、心温まるケアを実感していただけるよう接遇に努めること、そして24時間365日絶対にお断わりしない体制づくりに努めることであります。
 -どのような病気の治療を行っていますか。
 狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、心筋疾患の薬物療法、カテーテル治療、外科的治療のみでなく、近年、注目されている心不全患者さまの包括的医療、そして足の外来を開設、多くの患者さまの診療に当たらせていただいています。
 -理念達成への取り組みは。
 岐阜ハートセンターの理念を達成するため、"目の前の患者さまを大切に"そして"常に考える"という二つのキーワードを合言葉にして毎日の診療に従事していきます。当院の使命は、心臓病や血管病において急性期から慢性期までをカバーできる質の高い最先端医療を提供することです。大切なことは"高い専門性"を常に意識することです。毎日の繰り返される業務の中で忙しさにまぎれることなく、"常に高見を考える"という姿勢で、本年も取り組んでいきたいと考えています。患者さまとご家族のために全力を尽くしたいと思います。
 -最後に今年の抱負を。
 県内初の循環器専門病院として、これからも質の高い循環器疾患の診断と治療、そして笑顔で患者さまが社会復帰できることを可能にするため、職員が一丸となり、精進していきます。20191228153735-32e27159.jpg