ゆったり桜眺め舟下り 大垣市の水門川

2018年04月01日 09:01

満開の桜の下、ゆったりと舟下りを楽しむ人たち=31日午前10時26分、大垣市船町、水門川

満開の桜の下、ゆったりと舟下りを楽しむ人たち=31日午前10時26分、大垣市船町、水門川

 岐阜県大垣市中心部を流れる水門川を舟で下る「水の都おおがき舟下り」(大垣観光協会主催)が31日、始まった。観光客らが川沿いの満開の桜をめでながら、ゆったりとしたひとときを楽しんでいる。4月15日まで。

 約1・1キロの区間を30分ほどかけて下る。川面には例年より約1週間早く満開を迎えた桜が映り込み、のんびりと進む舟を包み込むよう。香港や県内外から訪れた観光客らが春の風情を堪能した。


カテゴリ: おでかけ 写真ニュース