信長の忍び声優らトークショー 立花さん「歴史に忠実」

2018年04月08日 08:50

テレビアニメ「信長の忍び」の魅力などを披露した立花慎之介さん(中央)、山口勝平さん(右)、大地丙太郎さん=岐阜市橋本町、JR岐阜駅北口信長ゆめ広場

テレビアニメ「信長の忍び」の魅力などを披露した立花慎之介さん(中央)、山口勝平さん(右)、大地丙太郎さん=岐阜市橋本町、JR岐阜駅北口信長ゆめ広場

 テレビアニメ「信長の忍び」に出演している岐阜市出身の声優立花慎之介さんらによるトークショーが7日、同市橋本町のJR岐阜駅北口信長ゆめ広場で行われた。道三まつりの新規企画で、立花さんらが作品の魅力などを紹介した。

 同まつり実行委員会が主催。同アニメは、漫画雑誌「ヤングアニマル」で2008年から連載の4こま漫画が原作。憧れの戦国武将織田信長に仕える少女忍者が岐阜城などを舞台に活躍する物語。姉川の戦いなどを描いた第3期の「姉川・石山編」の放送が一部地域でスタートしており、東海地域では10日から始まる。

 トークショーには、明智光秀役の立花さんのほか、木下秀吉役の声優山口勝平さん、監督の大地丙太郎さんが登壇。3人は岐阜の思い出や特産品などに触れたほか、アフレコの苦労などを交えつつ作品を紹介。立花さんは「ギャグアニメだが、歴史に忠実に描かれている」、山口さんも「登場するキャラクターがみんなかわいい」などと魅力を披露した。


カテゴリ: エンタメ