中京院大、岐経大が先勝 東海大学野球春季岐阜リーグ

2018年04月15日 07:02

中京学院大×岐聖大=3安打完封で2勝目を挙げた中京学院大のエース長島彰=中津川夜明け前

中京学院大×岐聖大=3安打完封で2勝目を挙げた中京学院大のエース長島彰=中津川夜明け前

 大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第3週第1日は14日、中津川夜明け前で1回戦2試合を行い、中京学院大が岐聖大を3―0、岐経大が岐阜大を七回コールドの11―2で下し、それぞれ先勝した。

 中京学院大は一回、叺田本気の左前打で先制。六回には石川凌の右前適時打、下平勇郁多の犠飛で2点を加えた。長島彰は持ち味のコーナーを突く投球がさえ、3安打完封で2勝目。岐聖大は3安打ながら好機をつくったが生かせず、荒木開成を援護できなかった。

 岐経大は二回、日賀祥太の2ランで同点。五回に山下海星の適時左中間二塁打で勝ち越すと、六回には打者11人、5長短打の猛攻で一挙7点、突き放した。岐阜大は一回、柴田泰地(大垣北高出)の先制三塁打などで2点先取したが、2併殺などで加点できなかった。

 第3週第2日は15日、同球場で岐阜大―岐経大、岐聖大―中京学院大の2回戦2試合を行う。


カテゴリ: スポーツ