藤井前市長が金子衆院議員の秘書に

2018年04月28日 08:55

 事前収賄などの罪に問われ有罪が確定した岐阜県美濃加茂市の藤井浩人前市長(33)が6月から、自民党の金子俊平衆院議員(39)=岐阜4区=の秘書になることが27日、分かった。藤井氏は「事務所の仕事を手伝い、(政治の)勉強をさせてもらいたい」と話した。

 金子氏の事務所などによると、藤井氏とは以前から交流があり、声を掛けたという。藤井氏は、慶応大大学院で研究をするとともに、金子氏の東京事務所で私設秘書として活動する予定。美濃加茂市での政治活動も続ける。

 確定判決によると、藤井氏は2013年3~4月、元業者から浄水設備導入で便宜を図るよう依頼され、計30万円を受け取った。

 自民党県連は14年6月、逮捕を受けて藤井氏を除名処分とした。

 藤井氏は、元業者の虚偽証言で損害を受けたとして、元業者らに約1億円の損害賠償を求める訴訟を起こしている。


カテゴリ: 政治・行政