中部院大勝ち点4 東海大学野球春季岐阜リーグ

2018年05月01日 07:30

中部学院大×中京学院大=9回裏中部学院大無死、左越え同点ソロを放つ主将の高杯=KYB

中部学院大×中京学院大=9回裏中部学院大無死、左越え同点ソロを放つ主将の高杯=KYB

 大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第5週第3日は30日、KYBで3回戦1試合を行い、中部学院大が2-1で中京学院大にサヨナラ勝ち。天王山を制し、勝ち点を4とし、2季連続優勝に大きく前進。第5週を終え、V争いは中部学院大、中京学院大、朝日大の3校に絞られた。

 中部学院大は1点を追う九回、先頭の主将・高杯翼が左越えソロを放ち同点。1死後、3連続四死球で満塁とすると、途中出場の池松泰志が右前適時打を放ち劇的勝利。先発若山蒼人が2連投ながら7回1失点。好救援の宮前遥が2勝目。中京学院大は捕手叺田本気の中前適時打で先制したが、九回表無死2二塁で追加点が奪えず、力投のエース長島彰を援護できなかった。

 第6週第1日は5日、中津川夜明け前で午前10時から、V争い生き残りをかけた朝日大-中京学院大、岐聖大-岐阜大の1回戦2試合を行う。


カテゴリ: スポーツ