朝ドラ効果、人波どっと 恵那・岩村

2018年05月06日 08:03

観光客でごった返す「半分、青い。」のロケ地=5日午前11時11分、恵那市岩村町、岩村本通り

観光客でごった返す「半分、青い。」のロケ地=5日午前11時11分、恵那市岩村町、岩村本通り

 絶好の行楽日和となったゴールデンウイーク終盤の5日、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のロケ地、岐阜県恵那市岩村町の岩村本通りは観光客でごった返した。

 この日は、朝ドラにちなみ、時代設定である1970、80年代の昭和の町並みを再現する「ふくろう祭り」が開かれた。通り沿いには、足踏み式のオルガン、ドラマで使われた乗用車などを展示。レコードによる懐メロが流れる中、子どもたちは昔懐かしいテレビゲームやめんこを楽しんでいた。

 浜松市から家族で来たという50代の男性会社員は「話題のロケ地と聞いてふらっと訪れた。ドラマの中のような町並みで、当時を思い出しました」と喜んでいた。恵那市観光協会岩村支部の職員は「岩村の史上最高の人出に違いない」と朝ドラ効果に驚いていた。


カテゴリ: おでかけ エンタメ