中京院大、岐聖大先勝 東海大学野球春季岐阜リーグ

2018年05月06日 08:00

朝日大×中京学院大=3回表中京学院大2死二、三塁、右前2点適時打を放つ吉位=中津川夜明け前

朝日大×中京学院大=3回表中京学院大2死二、三塁、右前2点適時打を放つ吉位=中津川夜明け前

 大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第6週第1日は5日、中津川夜明け前で1回戦2試合を行い、逆転優勝への生き残りを懸けた一戦は、中京学院大が朝日大を6-0で下した。朝日大の優勝はなくなり、V争いは中部学院大と中京学院大に絞られた。岐聖大は9-2で岐阜大に七回コールド勝ちした。

 中京学院大は三回、無死一、三塁から西浦太智の左前打で先制。その後2死二、三塁から、吉位翔伍(中京学院大中京高出)の右前2点打、主将・内藤大貴(大垣日大高出)の左翼線2点二塁打で5得点を挙げ、優位に進めた。エース長島彰が5安打完封で単独トップの4勝目。朝日大は六回の無死満塁を生かせないなど本塁が遠かった。

 岐聖大は2点を追う二回、大橋飛翔(同)の左越えソロを皮切りに暴投や敵失も重なり4得点で逆転。三回は小木曽翔理(同)の2点打などで3点を加えた。岐阜大は安立虎太朗(大垣東高出)の中前打で2点先制したが、その後は加点できず、3失策が響いた。

 第6週第2日は6日、同球場で午前10時から、岐阜大-岐聖大、中京学院大-朝日大の2回戦2試合を行う。


カテゴリ: スポーツ