朝日大がタイに 東海大学野球春季岐阜リーグ

2018年05月08日 07:11

中京学院大×朝日大=1回表朝日大1死一塁、左翼線二塁打を放つ小堺=中津川夜明け前

中京学院大×朝日大=1回表朝日大1死一塁、左翼線二塁打を放つ小堺=中津川夜明け前

 大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第6週第2日は6日、中津川夜明け前で2回戦2試合を行った。優勝の望みを残す中京学院大は朝日大に0―12の五回コールドで敗れ、1勝1敗のタイとなった。第3戦で中京学院大が敗れると、中部学院大の2季連続優勝が決まる。岐聖大は無死一、二塁から攻撃を始める延長タイブレークの十回に11点を挙げ、12-2で岐阜大を下し、勝ち点3でリーグを終えた。

 岐聖大は0-1の九回、堀江渓太(岐阜農林高出)の適時二塁打で同点。延長十回は敵失で勝ち越すと、主将の柴山貴斗と大山潤の3ランなど一挙11得点。2番手三品翔(岐阜総合高出)が5回1失点と好救援した。岐阜大は九回2死まで無失点に抑えていた先発熊崎翔太(加納高出)を援護できなかった。

 朝日大は岡田拓海の2点三塁打など3長短打で3点を先取。五回は小堺祐司が左越え3ランを放つなど、打者一巡の猛攻で6長短打を集め9得点で試合を決めた。先発葛谷拓巳(県岐阜商高出)は4回1安打と好投。中京学院大は二、三回に走者を出したが二塁も踏めなかった。

 第6週第3日は8日午前10時から、KYBで朝日大―中京学院大の3回戦を行う。


カテゴリ: スポーツ