Aqua Timez解散へ 柴橋市長「太志さんの今後見守る」

2018年05月10日 09:47

「12月のひまわり」などを披露したAqua Timezのライブ=2016年10月、岐阜市司町、みんなの森ぎふメディアコスモス

「12月のひまわり」などを披露したAqua Timezのライブ=2016年10月、岐阜市司町、みんなの森ぎふメディアコスモス

 岐阜市出身の太志(ふとし)さんがボーカルを務め、NHK紅白歌合戦にも2度出場したロックバンド「Aqua Timez(アクアタイムズ)」が、今年いっぱいで解散すると公式サイトで発表した。

 太志さんは長良高校在学中から音楽活動を始め、東京の大学に進学し2003年にバンドを結成。06年にミニアルバム「七色の落書き」でメジャーデビューした。「虹」などのヒット曲があり、06年と08年の紅白歌合戦に出場した。8日発表した公式サイトで太志さんは「メンバー全員で話し合った結論です。ごめんなさい」とつづっている。

 太志さんは岐阜市観光大使を務め、岐阜の景色や思い出を取り入れた楽曲「12月のひまわり」やプロモーション映像を製作した。柴橋正直市長は「解散に大変驚いている。今後、太志さんが音楽家としてどう活動していくのか推移を見守りたい」と話し、音楽活動を続けるならば観光大使を継続する考えを示した。


カテゴリ: エンタメ 政治・行政