中部院大2季連続V 東海大学野球春季岐阜L

2018年05月13日 07:04

中部学院大×朝日大=2回2/3ながら1年7カ月ぶりに登板し、無失点の中部学院大・瀬戸上=KYB

中部学院大×朝日大=2回2/3ながら1年7カ月ぶりに登板し、無失点の中部学院大・瀬戸上=KYB

 大学野球の東海地区春季岐阜学生リーグ(岐阜新聞・ぎふチャン後援)最終週第1日は12日、KYBで1回戦2試合を行い、首位の中部学院大は1-2で朝日大に敗れたが、優勝争いを演じていた中京学院大が岐経大に0-11で敗れたため、中部学院大の2季連続13度目の優勝が決まった。

 朝日大は二回、1死満塁で前田悠汰の遊ゴロの間に先制。三回も併殺打の間に加点すると、先発葛谷拓巳(県岐阜商高出)が5安打1失点完投した。中部学院大は六回に結城宝の中前適時打で追い上げたが、1年7カ月ぶりに登板した一昨年の最多勝右腕瀬戸上晶らの小刻みな継投も実らなかった。

 岐経大は二回1死一、二塁から山内来輝(大垣商高出)、喜友名泰人の連続適時打で2点を先取。七回は山下海星の3点二塁打でリードを広げると、九回は打者一巡の猛攻で6点を奪い圧倒。先発の小沢琢は七回まで無安打で抑えるなど、1安打完封した。中京学院大は打線が沈黙した。

 最終週第2日の13日は午前10時から、KYBで岐経大-中京学院大、朝日大-中部学院大の2回戦2試合を行う。


カテゴリ: スポーツ