女子旅でプレミアム鵜飼 観覧船SNS映え

2018年05月19日 07:36

岐阜提灯などで装飾された女子旅クルーズ専用の鵜飼観覧船=岐阜市、長良川

岐阜提灯などで装飾された女子旅クルーズ専用の鵜飼観覧船=岐阜市、長良川

 岐阜観光コンベンション協会(岐阜市)は、長良川温泉が昨年の温泉総選挙2017・女子旅部門で1位を獲得したことを記念し、今月から毎月1回、女性限定の鵜飼観覧船「女子旅クルーズ」を開始する。会員制交流サイト(SNS)映えするおしゃれな内装の観覧船や弁当を用意している。

 クルーズはプレミアムフライデー(原則月末の金曜日)に運航する。初回は今月25日に実施。各回定員は16人で、午後6時に鵜飼観覧船待合所前(同市湊町)に集合する。

 観覧船は、米国の彫刻家イサム・ノグチが岐阜提灯(ちょうちん)を現代風にデザインした「AKARI」シリーズで装飾しているほか、1872年創業の老舗「吉田旗店」(同市青柳町)で作られたオリジナルのれんを設置している。美濃和紙の風合いを生かした上品なランチョンマットも用意している。

 出航前には、長良川流域の地酒やワインを購入できるほか、船内には写真撮影用に水うちわも置いている。

 季節に合わせたオリジナル弁当に加え、焼きたての鮎の塩焼きも食べられる。長良川温泉の若女将(おかみ)会がプロデュースしたオリジナル紅茶などの土産ももらえる。

 対象は中学生以上の女性限定。料金は5500円。出航の3営業日前までに予約が必要。同協会は「長良川温泉の新たな魅力としておしゃれに鵜飼を楽しめるので、ぜひ参加してほしい」と話している。問い合わせは同協会、電話058(266)5588(土日・祝日を除く)。


カテゴリ: おでかけ 写真ニュース