強制わいせつ疑いで暴力団幹部逮捕 大垣署

2018年06月06日 08:56

川合組事務所の家宅捜索に入る捜査員=5日午後2時35分、大垣市橘町

川合組事務所の家宅捜索に入る捜査員=5日午後2時35分、大垣市橘町

 岐阜県警組織犯罪対策課と大垣署は5日、強制わいせつ容疑で、指定暴力団山口組の2次団体「川合組」幹部で、山口組3次団体組長の亀山武美容疑者(56)=本巣郡北方町=を逮捕した。

 逮捕容疑は3月22日午後8時40分ごろから同9時25分ごろまでの間、アルバイト雇用していた大垣市内の女性(23)を安八郡内のホテルに連れ込み、全裸で抱きついたり、浴室で体を洗わせたりするわいせつな行為をした疑い。

 署によると、女性は亀山容疑者が管理する露店でアルバイトしていたという。女性がホテルから逃げ出して、近くの商店から110番して発覚した。

 亀山容疑者は「女の子とホテルにいたのは間違いないが、あとはでたらめだ」などと容疑を否認しているという。

 逮捕に絡み、同課と署は同日、大垣市橘町の川合組事務所を20人体制で家宅捜索した。


カテゴリ: 事件・事故