横断幕で西濃運輸激励 都市対抗野球ドーム切符

2018年06月12日 08:33

本庁舎に掲げられた都市対抗大会出場を告げる横断幕=大垣市役所

本庁舎に掲げられた都市対抗大会出場を告げる横断幕=大垣市役所

 社会人野球の第89回都市対抗大会(7月13日開幕・東京ドーム)に5年連続37回目となる出場を決めた西濃運輸(岐阜県大垣市)を応援しようと、大垣市は本庁舎など市内の公共施設8カ所に応援幕を掲げた。

 西濃運輸硬式野球部は8日に愛知県岡崎市の市民球場で行われた東海地区第4代表決定戦で勝利してドーム切符をつかんだ。

 応援幕は横断幕(横8メートル、縦90センチ)と懸垂幕(縦8メートル、横90センチ)の2種類で、「都市対抗野球 東海代表 大垣市 西濃運輸」と書かれている。横断幕は市役所本庁舎や市総合体育館(同市加賀野)など5カ所、懸垂幕は大垣城ホール(同市郭町)など3カ所に設置された。

 都市対抗大会の組み合わせ抽選会は17日に東京都内で開かれる。


カテゴリ: スポーツ