3代目マスコット猫就任 多治見署、制服姿で広報活動

2018年06月14日 07:59

来店客の写真に納まる3代目マスコットキャラクターのみみ=多治見市若松町、バロー多治見店

来店客の写真に納まる3代目マスコットキャラクターのみみ=多治見市若松町、バロー多治見店

 岐阜県警多治見署の3代目マスコットキャラクターに猫の「みみ」(雌、推定9カ月)が就任した。13日に同署で任命式が行われ、多治見市若松町のバロー多治見店で広報活動をこなした。

 飼い主は駅前交番(同市本町)の須田亜希子交番長(38)。多治見北部交番(同市根本町)勤務時代の昨年9月、畑脇の側溝で鳴いているところを保護し、飼い始めた。

 広報活動は15日の年金支給日前に実施。みみは署員8人と一緒にスーパーの出入口付近で、ニセ電話詐欺を中心に交通事故、テロの防止を啓発するティッシュやチラシを配布。来店客は、猫用の制服を着用したかわいらしい姿を写真に収めた。

 同署によると、管内の今年1~5月の詐欺被害件数は15件(前年同期比11件増)、被害金額は1426万円(同547万円増)で、件数、金額ともに県内22署の中で最多。須田交番長は「猫がいることで立ち止まって話を聞いてくれる人もいる。市民と会話をして被害防止に取り組んでいきたい」と話す。


カテゴリ: くらし・文化