健康マージャン県民交流大会 卓囲み264人熱戦

2018年06月17日 08:35

卓を囲み、熱戦を繰り広げる出場者たち=岐阜市長良福光、岐阜メモリアルセンター

卓を囲み、熱戦を繰り広げる出場者たち=岐阜市長良福光、岐阜メモリアルセンター

 第2回県知事賞争奪健康マージャン県民交流大会が16日、岐阜市長良福光の岐阜メモリアルセンターであり、264人が卓を囲んで熱戦を繰り広げた。

 岐阜新聞社、岐阜放送、県健康マージャン連合会(山田和弘会長)が主催。

 健康マージャンは「お金を賭けない、お酒を飲まない、たばこを吸わない」をスローガンにした健康づくりなどが目的のマージャン。11月に富山県射水市で開催される全国健康福祉祭(ねんりんピック)とやま大会の県代表選考会を兼ねて行われた。

 県内各地から12~93歳の愛好者らが出場。4ブロックに分かれて半荘戦を4回行い、覇を競った。出場者は真剣な表情で取り組み、「ロン」と威勢の良い掛け声を響かせた。


カテゴリ: エンタメ 社会