坂祝町にイオンタウン出店計画 「タウン」県内最大

2018年06月28日 08:53

 イオンタウン(千葉市)が、岐阜県加茂郡坂祝町大針にショッピングセンター(SC)の出店計画を進めていることが分かった。予定地は国道248号と国道21号坂祝バイパスの交差点に面した約11万5千平方メートルで、県内のイオン系商業施設では大垣市のイオンモール大垣に匹敵する面積になる見込み。イオンタウンでは最大。

 地元関係者によると、イオン系のスーパーを核に家電量販店やホームセンターが入る商業施設を構想し、2022年ごろの開店を目指す。子育てやバーベキュー、農業体験の施設も検討されているという。

 予定地の大半は農地で、地元の同意が必要となる。地権者は約100人という。同社は4月に地権者向けの説明会を開いた。

 イオンタウンは県内に4店を展開する。広報担当者は「出店の方向で動いている」とし、「開店時期を含めて、協議段階で何も決まっていない」と話している。


カテゴリ: 経済

関連記事