大雨、濁河温泉客ら81人一時孤立

2018年06月28日 12:49

 飛騨地方で27日深夜から28日早朝にかけて降った大雨の影響で、岐阜県下呂市小坂町の県道濁河温泉線と、同町から高山市につながる県道御嶽山朝日線の路上に土砂が流出するなどしたため、両線とも早朝から全面通行止めになった。濁河温泉と御嶽濁河高地トレーニングセンターの宿泊者や従業員計81人が一時孤立した。

 県で復旧作業を行い、御嶽山朝日線は同日午前11時30分に通行止めが解除され、孤立状態は解消された。下呂市によると、孤立によるけが人や病人の報告はない。


カテゴリ: 事件・事故