郡上市で総雨量1000ミリ超

2018年07月08日 10:58

 活発な前線の影響で、岐阜県内には引き続き大雨の特別警報が出ている。岐阜地方気象台によると、8日未明から1時間に約100ミリの猛烈な雨を断続的に観測。降り始めからの総雨量が1000ミリを超え、記録的な大雨となっている。

 気象台は、土砂災害や浸水害、洪水の危険度が極めて高い状態が続いているとして、警戒を呼び掛けている。

 降り始めの3日午後9時から8日午前5時までの総雨量は、郡上市ひるがの1048ミリ、同市長滝1003ミリ、関市板取891ミリ、本巣市樽見839ミリ、大野郡白川村御母衣771ミリ。

 9日午前6時までの24時間予想雨量は、美濃、飛騨地方とも多い所で200ミリの見込み。

【県内市町村の注意報・警報 最新情報はこちら】


カテゴリ: 社会