厚切りジェイソンさんと柴橋市長が対談 メディコス3周年イベント

2018年07月17日 08:00

おなじみの「Why Japanese people」のポーズを取って会場を沸かせる厚切りジェイソンさん=岐阜市司町、みんなの森ぎふメディアコスモス

おなじみの「Why Japanese people」のポーズを取って会場を沸かせる厚切りジェイソンさん=岐阜市司町、みんなの森ぎふメディアコスモス

 岐阜市司町の図書館複合施設「みんなの森ぎふメディアコスモス」の開館3周年を記念するイベント「ありがとうトーク」が16日、同施設であり、お笑い芸人の厚切りジェイソンさん(32)が柴橋正直市長(39)と対談。地域活性化や教育について意見を交わし、市民ら約200人が耳を傾けた。

 IT企業の役員も務める厚切りジェイソンさんは、地方都市でもIT関連事業を手掛けることができるとし、住環境の良い岐阜市は魅力があると説明。プログラミング教育を積極的に行っている岐阜市の教育施策について「日本の教育は『自分が将来、何をしたいか考える』ということをあまり教えていない。岐阜市のように新しい分野を体験できることは大切」と指摘した。

 柴橋市長は「テキストの勉強だけでなく、体験を重視した教育環境を今後も整備する。JR岐阜駅周辺などに(IT関連の)リモートオフィスがあってもいい」と述べた。

 対談に先立ち、厚切りジェイソンさんが足跡を振り返りながら挑戦することの大切さを語る講演を行った。


カテゴリ: エンタメ