高校野球岐阜大会 第6日の結果

2018年07月23日 07:50

 第100回全国高校野球選手権記念岐阜大会第6日は22日、大野レインボーと大垣北で準々決勝を行い、大垣日大、岐阜第一、市岐阜商、大垣商が4強入りを果たした。

 9季連続対決となった秋、春県覇者の中京学院大中京と、昨夏を制した大垣日大との注目の一戦は、四回に逆転し、2番手の修行恵大が好救援した大垣日大が3-2で接戦をものにし、6年連続でベスト4入りした。

 岐阜第一は、同点の六回に打線がつながり4点を奪うなど、7-3で大垣南を下して21年ぶりのベスト4。市岐阜商は、エース日渡柊太が投打で活躍し、7-5で岐阜を振り切り3年連続、大垣商は五回以降に引き離し、13-6で東濃実を七回コールドで快勝し、2年連続で準決勝に駒を進めた。

 準決勝の組み合わせ抽選会は23日に岐阜市内で行われ、24日に長良川球場で行う。

20180723132545-a2f57753.jpg


カテゴリ: スポーツ 高校野球

関連記事