覚せい剤使用疑い 岐阜市議の長男逮捕

2018年07月31日 10:30

 岐阜中署は30日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、岐阜市大洞柏台、生活支援員堀田哲史容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、今月中旬ごろから30日までの間に、県内またはその近郊で覚せい剤を使用した疑い。

 署によると、同日午後4時30分ごろ、堀田容疑者自ら、「覚せい剤を使ったので自首したい」と同署に通報。任意同行し尿検査したところ、陽性反応が出たという。

 堀田容疑者は、共産党岐阜市議団の堀田信夫団長(68)=当選10回=の長男。


カテゴリ: 事件・事故