「ひそまそ」発信拠点誕生 各務原に公式ショップ開店

2018年08月06日 07:46

オープンした「ひそまそ」の公式ショップ=各務原市鵜沼各務原町、草叢BOOKS各務原店

オープンした「ひそまそ」の公式ショップ=各務原市鵜沼各務原町、草叢BOOKS各務原店

 岐阜県各務原市の航空自衛隊岐阜基地を舞台にしたアニメで、ぎふチャンでテレビ放映された「ひそねとまそたん(ひそまそ)」の公式ショップが同市鵜沼各務原町の草叢(くさむら)BOOKS各務原店にオープンした。

 「ひそまそ」は岐阜基地に秘匿されていた「戦闘機に擬態するドラゴン」と、新人の女性搭乗員の交流を描いたオリジナルアニメで、映画「シン・ゴジラ」を監督した樋口真嗣さんが総監督を務めた。大ヒットした「君の名は。」に続いて県内を舞台にしたアニメとして注目を集めた。

 ショップには、ひそまそ制作時の資料を掲載するガイド本や劇中に登場する自衛隊のワッペン、バッジをはじめ、キャラクターを描いたTシャツやキーホルダーなど約30種類の関連グッズがそろう。同店スタッフが手作りした基地周辺を紹介する"聖地巡礼マップ"も無料配布している。

 同店では今後、プラモデルやマグカップなどの商品アイテムを増やし、原画展なども開いていく予定。イベント担当の佐藤佑さん(42)は「アニメの聖地として各務原を盛り上げていきたい」と張り切っている。


カテゴリ: エンタメ